がん遺伝子治療の特長

がんの原因である遺伝子の損傷。その原因に働きかけ、
「傷ついた遺伝子を正常に戻す」、それががん遺伝子治療です。

がんの種類や治療場所を選ばない

いずれのがんも遺伝子の異常によるものであり、がん遺伝子治療の有効性が期待できます。また、治療は点滴で特別な医療機器を必要としないため治療場所を選びません。

がん幹細胞にも有効

「がん幹細胞」は通常のがん細胞と比べて極めて難治性であることが知られています。
その理由の一つに、がん幹細胞は特定の時だけ増殖することから、治療薬に触れる時間が短いために、一過性の効果しかもたない従来の治療では治療抵抗性を獲得しやすいのだと考えられています。
がん遺伝子治療は、長期にわたって細胞内に留まることからがん幹細胞にも有効であると考えられています。

幅広い治療適応範囲

手術後の再発予防やがん転移、末期がんの維持治療のみならず、正常細胞に影響を与えないため、前がん状態にも対処でき、幅広い時期の治療に適応可能です。
しかも、前がん状態のようながんになりかけの時に遺伝子治療を用いることで、より確実性を高めることができそうだと指摘されています。

副作用が極めて少ない

副作用として一時的な発熱や血圧の低下が見られることがありますが、適切な対処により十分にコントロールすることが可能です。

3大標準治療との相乗効果

がん細胞の死滅、減少を目指す治療の作用機序規準は各種治療と類似するため、がん遺伝子治療は3大標準治療との併用においても治療効果を増強することができます。

LINEで送る
Pocket