がん遺伝子治療の適応範囲

がん遺伝子治療と標準治療の併用には、画期的な相乗効果があります。
「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」にはそれぞれメリット、デメリットがありますが、遺伝子治療は各治療のメリットには相乗効果をもたらし、デメリットはカバーするよう働きます。
併用することで治療効果をより高めることができます。

あらゆるがんの種類に対応

がん遺伝子治療の最大のメリットは、どんな種類のがんでも、そしてどのような進行状況であっても、治療可能なことです。現在、他の治療中であっても遺伝子治療を追加することで、相乗効果が期待できます。

LINEで送る
Pocket